スマートフォンの活用


tugihe

①スマートフォンを、会社ビジネスホンの内線に!

携帯電話として、自社導入したスマホを、
“内線電話としても使えるようにする”
ことから始めてみる方法です。


例えば、中堅・中小企業向けに通信ネットワークの構築や
幅広いITソリューションを提供しているラピッドテレコムの
IP-PBX(IP電話端末の回線交換装置)を使えば、
スマホの内線化はあっと言う間に実現します。


 smartbotan
手元のスマホが内線電話に早変わりします。


もちろん従来の携帯電話番号の変更は不要です。


オフィスにいる社員が外出中の社員に取り次いで、
折り返し…といったタイムロスも削減でき、
業務の効率化や顧客満足度の向上が図れます。


つまり、スマホ内線化した企業は、
もう既に「ワークスタイルの変革」の第一歩を踏み出したと
言っても決して過言ではないのです。





②チャット(ビジネス向けチャット)で、

メールや通話とは又違った便利なコミュニケーションを。

スピード感、抜群の社内コミュニケーションツールが、

簡単に導入できます。

 

また、クラウドでチャットを行うのではなく、

オフィスの置くIP-PBX本体で、チャットを行います。

 

そのため、セキュリティが高く、情報漏えい対策が取れます。

 

 

 

 

③社用メール

PCだけでなく同じメアドを、スマフォでも利用できます。

隙間時間に、本格的にメール処理ができます。


motphone



④コラボレーションツール

スマートフォンで、G Suite(旧Google APPS)や、

マイクロソフトOffice365が利用できます。

apps

 

より、高度にCRMなどへも拡張可能です。

気軽に始めることができる、

ZOHO CRMをお薦めしております。

zohocrmrogo

10人までだったら、永久無料で利用できます

 

 

 tugihe