ビジネスホンについての豆知識


お気軽にお問い合せ下さい。 通話料無料
0800-170-5555

 

実は昔、電電公社だった頃(1985年より前)、

ビジネスホンは、レンタルが当たり前だった それしか有りませんでした。
収容する外線数と内線数の規模で、この1機種と決まってました。
民営開放ということで、民間で発売するようになり、

エンドユーザーの商品選択肢も増え、

ビジネスホンを扱う業者も飛躍的に増えました。

 

レンタルのかわりに リースにかわりました。

レンタル提供ですと、購入する資金を負担し、月額で回収するため、

民間の業者には負担が重く、クレジット販売と同様なリース販売が主流となりました。

 

今でこそ、賢い方は、高額な金利・長期間に拘束されるなどで現金で購入する方も増えましたが、

当時はリースで導入するのが常識かのようになっていました。

 

ビジネスホンメーカー年表 PDF

電話の歴史(NTTのサイトへリンク)

 

 

メーカー

 

現在国内で、新製品を発売している会社は、
NTT・日立・NEC・沖電気・田村(←統合してサクサ→)・大興・岩通・ナカヨ・パナソニック
と言ったメーカーが有ります。
基本的に、メーカー間での互換性は無く、
同一メーカー製の同一ラインナップの中だけで互換性があります。(接続できない)
但し、OEMの関係であるメーカー間では、互換性が有る場合(又は商品は全く同じ)があります。

例  日立の一部→ナカヨと同等
NECの一部→田村と同等
沖電気の一部→タイコーと同等
NTTのビジネスホン→製造しているのは、メーカー。

 

海外メーカーが進出してきたことがありましたが、現在では撤退していると思われます。
理由はアメリカなどの利用環境と日本は大きく違うためで、製品的に受け入れられなかったのでしょう。
(個人ブース+ボイスメールが当たり前なのに対して、日本は 大部屋+口頭転送)

 

上記のメーカーは、従来からビジネスホンを発売していたメーカーで、
最近では IPの時代になったため、フルIP型ビジネスホンや、
ネットワーク系から発展してきたサーバー型のIP-PBXや、
回線会社が提供するIPセントレックスなど、お客様の選択肢が増えています。
IPの時代以前には、お客様の選択肢は、30種類程度だった言われていましたが、
現在のIP時代を向かえ その数、
なんと130種類(回線や機器やサービス含め)の選択肢があると言われています。

 

 

ビジネスホンの特徴・仕組み

 

会社で利用することを考えて作られたもので、

複数の電話回線を 電話機の外線ボタンに割り付け、
社内の皆で利用できるようにしたものです。
外線ボタンに割り付けることから、昔は ボタン電話と呼ばれることもありました。
外線ボタンを割り付けるわけですから、24個 の外線ボタンくらいまでの規模で利用されることが多いです。
さらに多数の外線を利用する場合は、PBX(宅内交換機)と呼ばれるものになり、大企業などで利用されています。
2回線くらいの規模では、ホームテレフォンと呼ばれたりすることはありますが、垣根はありません。
各メーカーは、数年毎に新製品又はモデルチェンジをくり返しています。
発展の経過は、以下の様です。

 

機械式ビジネスホン・・・・配線も太く、端子箱巨大、結線もハンダつけ、ボタンも機械的に作動する

電子式ビジネスホン・・・・配線は、現在のもと同じに。見た目も現在のものとあまり変わらない

液晶表示付きに・・・・発信番号表示、カレンダー表示

内部処理がデジタル式に

留守番電話機能が内蔵に

コードレス子機が利用できるように

デジタルコードレス子機が利用できるように・・・構内で移動しても どこでもつながる

NTTのISDN(INS64)対応に・・・・1回線で2通話

外線転送機能の搭載・・・・一度応答後、外出先に転送など

ボイスメール機能の搭載・・・・通話録音など

携帯電話アダプター・・・・・ビジネスホンから発信しても、携帯を介すようにするもの

ナンバーディスプレイ対応

CTI対応・・・パソコン画面に顧客情報をポップアップ表示

インターネットアクセス回線の共有(ISDN)・・・・ダイヤルアップ

インターネットアクセス回線の共有(ブロードバンド)・・・常時接続

IP電話への対応

携帯宛発信特番への対応

*他には、メーカーによっては、LAN配線と電話配線の統合やホームセキュリティ機能など

 

 

 

今後、企業のお客様が導入選択対象となる通信システム

 

①レガシービジネスホン+IPゲートウェイ・・・ゲートウェイでIP化。寿命は、抜群に長い。

 

②IPビジネスホン・・・ビジネスホンでIP化

 

③IP-PBX(交換機型)・・・交換機ベースのIP-PBX。メーカ10数社有り。

 

④IP-PBX(サーバー型)・・・サーバーベースのIP-PBX(SIPサーバー)

 

⑤IPセントレックス(キャリア型)・・・キャリア(回線社)提供のIPセントレックス。大手キャリア10数社有り、各社仕様がさまざま。

 

⑥IPセントレックス(自営型)・・・機器メーカが提供のIPセントレックス

 

⑦モバイルセントレックス(キャリア型)・・・キャリア(回線社)提供のモバイルセントレックス。
大手3社有り、各社仕様がさまざま。

 

⑧モバイルセントレックス(自営型)・・・機器メーカが提供のモバイルセントレックス

 

⑨Skypeの利用・・・お客様が独自に使いこなす

 

*当社では、中小企業やベンチャー企業の皆様に、①②④を主に提供しています。
他の番号の項目は、当ホームページを探してきていただいた、お客様の
選択肢には、入らないと思います(当社もお薦めしていません)

 

通信機器ディーラー

ビジネスホンを取り扱う通信系ディーラーは、日本全国で千数百社あるそうです。
体系的にわけると・独立系 販売会社・・・メーカーにとらわれない
・メーカー系 販売会社・・・特定のメーカーのみ取り扱う
・NTT販売店

・NTT子会社

・webで中古品を販売している会社

・上記で、工事施工を自社でおこなうか、外注しているか に分かれます。

 

当然、エンドユーザーに直接 接するのは これらのディーラーです。導入満足も
これら、ディラーにかかっています。当然自社工事・メンテしている業者の方が、お客様にとって、便利です。

 

 

・独立系 販売会社
強力な販売力を誇る 業界大手 と 零細に分かれます。
業界大手は、新品しか販売しません。定価に対して 2割の値引もせずに
ばんばん売ってしまいます。業界大手は、webには、会社案内程度にしか登場しません。
対面販売でリース契約が基本です。リースに上乗せで、「無償メンテナンス」を付属させて販売しているところもあります。
ビジネスホンだけでなく、IT関係、OA関係全般まで 取り扱っている業者がほとんどです。

 

・メーカー系販売会社
今では、余り多くありません。メーカーの外販部隊が、大手企業を相手に活動しているくらいだと思います。

 

・NTT販売店
電話加入権を取り扱う、いわゆる電話屋さんとは別で、NTT機器を取り扱う販売店です。
直接NTTの販売店になっているところもあれば、1次店の下についている2次店もあります。
また電話機メーカーがNTTの販売店の1次店になり、メーカー機種取扱の代理店を、2次店にしている場合もあります。
よく考えると、NTTと電話機メーカーは、競合する訳ですから、変な話ですが、

これも通信の世界の巨人 NTTの為せるワザでしょうか。
NTT販売店になるメリットは、その信用力です。NTTマーク、NTTの名前を利用できる 信用力です。
今でも、電話のことは、NTTというお客様も少なくありません。

通常、NTTの仕切値は、メーカーの仕切値よりも高く 利益は、圧迫されますが、

その事を差し引いても、販売店にとっては、信用力がメリットになります。
少し前迄は、NTT商品であれば値引しないでも販売できることも、メリットでありましたが、最近はそうでもないようです。
NTT商品のみを、扱う販売店は、少なく メーカー製も 併売しています。
このNTT販売にも、業界大手と零細に2分されます。

やはり、NTTの信用が、エンドユーザーにとっての安心につながり、支持されてるようです。

 

 

・NTT子会社
以前は、NTTが機器を販売する事は、その強大な信用力から、

反対される声がありましたが、現在は余剰人員が移動した子会社で、販売する事が多いようです。

以前は、NTTと他のディラーが競合しても、NTTの提示価格が、ほぼ定価で、他のディラーは、楽でした。

 

現在はエンドユーザーによっては、大幅な値引もあるようです。

NTT子会社なのですから、エンドユーザーから見たら、さらに安心感があります。

 

・webで中古品を販売している会社 (ラピッドテレコムは此処です)
新品の販売価格と比べれば、どこの会社も 考えられない位の低価格で販売しています。
中古品と、新品の販売価格がこれだけ違うのも、ビジネスホンの特徴です。

・他に、レガシー(従来型)時代以降に、通信の世界に進出してきた、ネットワーク系のシステムインテグレーター等