ビジネスホンの用語集


ビジネスホンの用語集

 

ビジネスホン
(ビジネスフォン)
役所の分類名では、ボタン電話装置と呼びます。電話機の盤面にボタンが並んでおり、
そのボタンに外線や内線や短縮ダイヤルや機能を割当てて利用します。
複数の外線ボタンを必要とする状態になると、家庭用電話機では手に負えない為
ビジネスホンが必要となります。
複数の外線通話と複数の台数が必要な時にの必需品がビジネスホンです。
逆に、単独通話数で複数台で良い場合、電波が届くなら家庭用コードレス電話機で用が足ります。
こちらの方でよければ、ビジネスホンをどう入れようと工事費用がかかるので、
家庭用電話機で済ませた方が良いです。ビジネスホンなのかビジネスフォンなのか、
業者である私たちでも釈然としません。ビジネスフォーンやビジネスホーンと思っている
お客様もいますが、こちらの呼び方は業者は利用していません。
ダイヤルイン 契約番号以外に番号とって利用する時。個人用着信等に利用。代表組と組み合わせられる。
iナンバー  ダイヤルインと同じで追加番号ですが、代表組とは組み合わせられない。
デジタルコードレス 電波のやりとりの方式が、デジタル式。アナログに比べ、小型なものが多い。
多回線対応留守番電話機能 同時に、複数の着信に対して、応答メッセージを流せる。
FAX回線の収容 FAX用回線をFAX専用にするのではなく、ビジネスホンに収容して、
FAXもビジネスホンに収容する。
FAX回線を、電話機の発信回線にできる。
FAXが、代表番号に間違って送られてきたときにも、いったん電話機で取ってから、
FAX転送できる。
ボイスメール 個人にBOX割り当てて、通話内容を録音したものを保存したり、
直接のメッセージを録音したりできメッセージが入ったら携帯へ通知することができたりする。
メッセージが録音された事が、ビジネスホンのボタン点灯でわかる。
増ベル 電話着信音を、拡大する。工場等で、利用することが多い。
増スピーカー 電話スピーカーの音を、拡大する。簡易的な構内放送用途に、利用できる。
テナント分け 1つのビジネスホンのなかで部署ごとに使い分ける。
割り付けた外線を完全に変える等 。
単独電話機収容 ビジネスホンの専用端末ではなく、一般的な電話機を収容できる。
CTIシステム 着信時のナンバーディスプレイを利用して、PCに お客様のデータを表示したりできる。
PC側に、ソフトが必要。
停電時対応 停電時に、バッテリーにより、電源を保持できる。
外部保留音源 ビジネスホンに内蔵されている保留音以外に、
外付けでカセットデッキ等をつけ オリジナルに音楽やメッセージを、流せる。
外通通話モニター機能 他のビジネスホンで通話している内容を、手元のビジネスホンで、聞ける。
音声応答機能 よくNTTなどに、電話をかけると、「ただいま混み合っております しばらくお待ちください」
の様にメッセージを流して、でれる様になるまで、お待たせする事ができる。
留守番電話デジタルタイプ

 

 

カセットテープに録音するのではなく、ICメモリー等に録音するものです。

 

 

夜間切替   ・・・・  昼夜間切り替えといったり、昼モード 夜モードといったり、
メーカーによって呼称の違いはありますが、着信などの状態を切り替える様な
使い方をします。夜になったら、守衛室で代表電話番号が鳴動する様にする等。