ヘッドセット利用に適したビジネスホン


適したビジネスホン

 

  • NEC 製 ビジネスフォン

 

 

 

 

理由

 

 

NEC製のビジネスホンは電話機に 最初からヘッドセットの端子がついています。

 

他のメーカーと違い、受話器をつける端子だけでなく、ヘッドセット用の端子もあります。

 

データ設定を行うことにより、

 

盤面のボタンに、ヘッドセット切替ボタンを作り、

 

受話器利用と切り替えて利用できて、便利です。

 

 

NEC以外のメーカーは、アンプをつけて、

 

受話器とヘッドセットを併用するか、

 

受話器を外してヘッドセットを直付けするようになります。

 

 

受話器を外してヘッドセットを直付けするパターンでは、

 

ビジネスホンにより、受話器は、

 

フックボタン(受話器の下の上げ下げ用のポッチの様なボタン)

 

の押える様にする必要があるビジネスホンと、

 

フックボタンはOFFにし、

 

受話器は外し、フックボタンの替わりに、

 

盤面のボタンにスイッチを作れるタイプがあります。

 

最初から端子が用意されているNECが良いですね。

 

 

ただし、今度は、ヘッドセットのメーカー側から見ると、

 

NECの受話器の配線は、業界的にみて、NECだけが特殊。

 

そのため、ヘッドセットメーカーによっては、

 

NECの場合は、つなぐケーブルの先端をオプションで変更しないとなりません。

 

このオプションが1ヶ5千円するメーカーもありますので、

 

選択時に、ご注意ください。

若干適さないと思われるメーカー

 

モデルにもよりますが、日立とナカヨ製。

 

アンプが必須となるヘッドセットメーカーが多いです。

 

アンプ+ヘッドセットとなりますと、電話機1セット分で、

 

2.5万円~3万円もの費用が必要となります。

 

ラピッドテレコムでは、日立・ナカヨ(NAKAYO)でも、

 

アンプ付の半額以下となりますので、

 

導入しやすいと思われるます。

別ページで、ノーブランドの格安ヘッドセットも販売しております。