レガシー連携 (既存ビジネスホンを活かす)


レガシー連携 (温故知新の良いとこどり)

   構内PHSやデジタルコードレスの置き換えに、

   スマートフォンをと お考えの方に。

   正確な情報を。 

 

 

確かに、構内PHSシステムを利用してきた

お客様は、今 困っています。
・何でかしらないけど高価なPHS

 
・最近では修理も利かないらしい

 
・電池も頼めないみたい

 
・変えるならPBXやビジネスホンごとリプレイスが必要

 

 

 

 

 

 

これだけ問題があれば、

 

 

・何かの際には、PHSの替わりにスマフォにしよう

 
・社員が個人で持っているiphoneやスマートフォンを、内線につかわせてもらおう

 
・スマートホンにすれば、他の業務にも役立たせられる

 
・安価なIP-PBXもあるようだ、クラウドででも出来るらしい
等々アイデアが膨らんでワクワクすることでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

唯一 これだけは、押さえておいて頂き たいポイントが一点あります。

 
それは、

 

 

・構内PHS・デジタルコードレスの方が、
安定的に接続する能力が高いという事

 

 

WIFIでPCが繋がるとしても、スマフォのアンテナの能力はPCに
比べたら格段に落ちます。

 

 

どこもかしこも繋げたいなら、
WIFIアクセスポイントの増設は必須です。

 
通話が出来るといっても、データの流れるところに、
無理やり音声をのっけているようなところがあります。

 
ですので音質もデジタルコードレスなどと比べれば落ちます。

 
アンテナ間のローミングで通話が途切れない様にも、何とかできる程度です。
(最近ではPBXメーカーがチューニングを施し、
調子が良いものを出し始めています。
ただしこちらは従来の価格帯を世襲した商品であり、
うん百万下手したら数千万というものなので、当社の説明からは外します)

 

 

 

ですので、全面的にいきなり、リプレイスしたら、
社内から大ブーイングは必至です。

 

 


それでも、スマートフォンの内線化は捨てがたいと思う方は多いでしょう。

 

 

ラピッドテレコムは、中古品(リユース品)の販売を長年に渡って手がけている
強みを活かして、以下の様な提案で、問題を解決しております。

 

 

・従来型のビジネスホンも使う

 
・その構内PHS端末の一部は、必ず接続できないと困る用途に使う

 
・従来型ビジネスホンで利用したい機能は残す
(上記までをラピッドで新たにでも、リユース品で揃えることができます)

 
・外線はIP-PBXに収容する

 
・スマフォ内線(白ロムも可)とIP固定電話機(無料キャンペーン有り
を必要数 導入する

 
・従来型ビジネスホンとIP-PBXを、
IP電話ゲートウェイを介して接続する

 
・この構成で、2つのシステムを1つのシステムのように利用でき、
相互に、内線通話・保留転送が出来るようになります。

 

 

既存のものを活かすことができれば、費用の節約にもなります。

 

 

 

 

 

■基本的な構成

 

–(外線)–IPビジネスホン–(LAN)–IP G/W–(BRI)—PBX—(PHS無線)–PHS端末
├IP固定電話機
└スマートフォン

 

 

*レガシー従来型ビジネスホンでは、

これができるものと出来ないものが、ございます。

ご注意ください。