余ったスマフォを内線に活かす


 余ったスマフォを内線に活かしませんか?

新機種に交換した以前のスマートフォン、余っていませんか?

携帯電話の回線契約が抜けた状態で、「白ロム」と呼ばれるものです。

 

無線LANでWIFI接続すれば、内線コードレス替わりになります。

 

そのスマフォに、格安SIMの契約入れて、どこでも内線に。

 

格安SIM(格安データ通信SIM)とは.

主に月額1,000円以下、490円から、利用できるSIMサービスのこと。

 

 

仮想移動体通信事業者(MOBILE VIRTUAL NETWORK OPERATOR, MVNO)は、

携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、

実際に保有する他の事業者(NTTドコモやAU)から借りて

(再販を受けて)、

自社ブランドで通信サービスを行う事業者のこと

 

 

(NTTコミュニケーションズやIIJ、ビックローブ、SO-NET、DTI、

ヨドバシカメラなど家電量販店等)

 

 

携帯電話会社大手通信会社でのパケット定額制契約のように、

毎月決められた量のLTEを利用することができます。

 

 

LTEを使い切った後は制限がかかり、通信速度が低下しますが、

その状態でも動画再生などを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧

などが利用できます。

 

 

これを、外出先(モバイル環境)での、内線接続に応用いただけます。

格安ですが、ドコモ等の回線会社の品質そのままが

ベースになっていますので、安心です。

 

 

IP-PBXへ050や03番号で1番号100円で契約し、1番号を各スマートフォンに割り当てれば、外出先でも、

個別番号でスマートフォンが利用できます。

 

 

この仕組みを利用すれば、

「どこでも内線」といえる使い方ができます。

 

 

*お持ちのスマートフォンを、格安SIMで利用できるかのテストを、

商談いただける御客さ様向けに、当社で可能な限り動作テストに、ご協力致します。