個人持ちのスマフォでBYOD


個人所有のスマホを業務に使いたい

 

 

この数年で広く普及したスマートフォン(スマホ)。

 

従来型の携帯電話とは違い、いわば電話機能を備えた携帯型コンピュータとも言うべきツールです。

スマホを業務に利用すれば、仕事を効率化できるのは間違いありません。

でも、会社で一括導入するには多額のコストがかかります。

スマホの導入にコストはかけられないが、便利ならば社員に使わせたい、

そんな企業は、「BYOD(Bring Your Own Device)」という方法を取り入れています。

BYODとは、個人所有のスマホ(あるいはタブレットやノートパソコンなどのモバイル端末)を会社に持ち込み、

それを業務に利用するという利用形態のことです。

 

BYODにすれば、会社がスマホを購入する必要はなく、

コストをかけずにスマホを業務で利用できる。

 

しかし、大多数の企業はBYODをまだ検討中の段階です。

 

例えば、会社の機密情報が記録されたスマホを紛失したら、

情報漏えいのおそれがある。利用料金にしても、仕事と私用で切り分けるのは面倒です。

 

こうしたリスクや課題がBYODにはあります。

 

とはいえ、BYODを諦めるというのは早計で、

むしろ、BYODを実施すべきものがある。

 

 

それは社内で内線電話や外線電話として使用している、

ビジネスニーズに特化した多彩な機能を持つビジネスフォンです。