商品・構成選択決定のポイント


商品・構成選択決定のポイント

お気軽にお問い合せ下さい。 通話料無料
0800-170-5555

最新式のIP電話機器や
サーバー、ルーター機器で、最新の機器構成を組むときには、
経済性比較で、機器の寿命を忘れないでください。
ネットワーク機器の寿命は短いです。
また、モバイルセントレックスなど携帯端末で
構成する際には、電池の交換で発生する経費や、
落下や紛失で発生する経費も、馬鹿になりません。

 
レガシービジネスホンの信頼度は、10年間に1時間のシステムがダウンするレベル。

 
これに比べ、LAN/WAN機器は、1年間に2週間と言われています。

 
レガシービジネスホンの法定耐用年数は、6年だそうです。

 

このため中古ビジネスホンは、
残年数が残り少ないため、良くないと言う業者さんもいますが、
実際レガシービジネスホンは、本当に良く持ちます。

 

ビジネスホン施工に携わった方なら、だれでも知っています。

 
長持ちする理由は、ビジネスホンという製品が、
構成されている部品がすべて、同一メーカー製で、独自のプログラムで、
完成度が高いからです。

 

パソコンの様に、相性など、ややこしい事がありません。
パソコンなどとは、全然違うものなのです。

 

近年では、IP電話サービスの開始など、色々と新サービスが出現するので、
お客様も勘違いなさる方も多くいらっしゃいますが、
これらの新サービスを利用する為に、必ずしも 新製品が必要な訳では有りません

 
各IP電話なり、携帯宛発信時割引サービス等の電話サービスを提供する会社は、
できるだけ多くの加入者が欲しいわけですが、
最新のビジネスホンでないとサービスを利用できないとなると、
エンドユーザーに多額の導入コストが発生してしまいます。

 
そこで、気軽に 導入できるようにアダプターなどを提供しています。

 
NTTがINS64(ISDN)サービスを、開始した時も、
対応のビジネスホンも発売しましたが、同時にターミナルアダプターという物で、
既存の設備のまま利用できました。

 

 

それでは、これらの最新の機種と、既存設備をアダプターで利用する違いは何でしょうか?
それは、それぞれの新しいサービスには、制限事項がり
それをエンドユーザーが 意識して利用する必要がない ということです。

 

一例をあげれば、IP電話で 相手がフリーダイヤルの場合 通話ができません。

 
そこで、最新機種は 相手がフリーダイヤルの場合、
他に収容した通常のNTT回線に自動的に回す動作が、おこなわれます。

 
携帯宛発信時割引サービスの場合、
通常頭に特番(NTTコミュニケーションなら、0033等)を、
相手携帯番号の前に付加しなければならないが、
最新の製品では、それが自動的に おこなわれる と言った具合です。

 

 

ここで問題なのは、この違いで、価格がいくら違うのか?という事です。

 

数%の違いで有れば、最新の機種を 選択する お客様も多いことだと思います。

 
しかし、実際は、数倍、数十倍の価格差があります。

 
こういった正しい情報が 有れば、普通のお客様は、当然 安く 済む方法を選び、
IP電話であれば、フリーダイヤルかける時は、こっちのNTT回線を選択して発信する、
携帯宛で有ればあらかじめ短縮ダイヤルの頭に、特番を登録しておく等の、対応策で 利用されるのでは無いでしょうか?

 
また、売る側の言い分で、古い製品では、メーカーの部品提供がうち切られ
後々 メンテナンス対応ができなくなるといった事が良く言われます。

 

 

車に例えれば、少々古い車でも、
メーカーで部品のストックが無くなっても、対応してくれる業者は、山ほどあります。

 
ようは、ビジネスホンの場合、当の販売業者側が古いものは、
サポートしませんと限定しているだけの話です。

 

当社レンビジの場合、契約期間中の機種に関しては、
メンテナンス対応可能なように、対応用商品が用意されていますので、問題有りません。

 

 

 

 

構成決定のポイント:以下の様なポイントが御座います。
当社担当者にご相談頂ければ、失敗のない構成を、ご提案致します。 

 

 

主装置→ 現在の設置場所のままで、最高何通話何台まで 必要か?

 
その数まで、対応できる主装置か?

その通話数まで割り付けられるボタンがある電話機か?

 
同時利用する通話数は?
通話数のうち、着信と発信を別に考えるか?

 

通料金は、どれくらい発生しそうか?→高額なら、IP電話や直収サービス考える

 

 

携帯宛、通信費が高額にならないか?→携帯宛割引サービスの利用を考える

 

 

利用する回線の契約種類→後に利用する通信サービスとの兼ね合いを考える

 

 

インターネット接続環境 との兼ねあい→FAX等と兼ねられないか?

 

 

ダイヤルイン・iナンバーの利用で、回線契約数を節約できないか?

 

外線転送の利用方法→携帯電話へ転送した時など、携帯の着歴表示は、
発信者番号が通知された方が良いか? 転送元が通知された方がよいか?

 

 

コードレスの利用→とばしたい距離は?。構内で、フロアーを移動して、
利用したいなら デジタルコードレスの構内PHS利用。

 

 

電話機台数→コードレスも利用するか?

 

 

着信場所、着信音の鳴り分け→回線毎に分けるか?

 

 

留守番電話は必要か?→ビジネスホンは、通常 はじめからはついていません。

 

 

FAX回線も、ビジネスホンに収容して、着音とランプで利用時にわかるようにするか?

 
収容すれば、電話にかかってくる間違いFAXも、電話にでた後に、
FAXに転送かけられますので、相手再送信をまたずに、手っ取り早くFAX受信できます。

 

 

ナンバーディスプレイを利用するか?→INS直収ユニット利用の場合、相手が
デジタル発信で番号通知を出しているなら、NTTのナンバーディスプレイの契約しなくとも
表示がでます。相手が、アナログ回線やIP電話の時も、表示させたい場合には
NTTへナンバーディスプレイの契約が必要です。法人用で月1800円追加になります。

 

 

ボイスメールを利用するか?→内線端末毎で、音声メッセージboxを設け、
通話録音して後で聞くとか、伝言録音するとか。

 

 

増設スピーカー・増ベル設置するか?

 

 

構内放送装置を、ビジネスホンに接続して、構内放送呼出やアナウンス利用するか?

 

 

外部保留音源を利用するか?→保留音を独自の音楽にしたり、コマーシャル
メッセージにしたり。

 

 

外線通話モニターを利用するか?→会話を、他の電話機よりモニターして聞ける。相手には覚られない。

 

 

短縮ダイヤル・ワンタッチ登録を依頼するか?→有料、お客様でおこなえば無料。

 

 

テナントを分けるか→部署毎に、使い分け。外線は全く別に、内線だけできるように。

 

 

ドアフォンを利用するか?→ビジネスホンのドアフォンなら、全電話機で応対ができる。

 

 

ドアフォンをTV式にするか?

 

 

お好きな単独電話機をビジネスホンに収容して、利用するか?

 

 

音声応答機能を利用するか?→混み合っております。しばらくお待ちくださいのメッセージ

 

 

CTIシステムを利用するか?→PC画面に、顧客情報をポップアップ表示。