構内PHSシステムを利用したい


メーカーによっては、システムコードレスなどと呼びます。

会社内が広くとも、移動しながら使えて便利です。

 

最近では、スマートフォンの内線化に注目が集まりがちですが、
歴史の長い、「構内PHS」や、「システムコードレス」といったものには、
接続が確実にされる、通話品質が安定しているなどの品質面では、
かないません。


構内(社内)に複数のアンテナを設置し、
そのアンテナ間を子機が移動する際に自動的に切り替わります。


その制御を、ビジネスホン主装置が担います。


この動きが、IP-PBXでは簡単に真似のできないものとなっています。


ラピッドテレコムでは、IP-PBXの場合であっても、
このレガシーのシステムコードレスの仕組みと、
IP-PBXを組み合わせし、
安定運用可能な構成を提案したりもできます。


スマフォ内線化の現実的な解決策として、
非常に好評です。


補てん策として、中古品で構成できるのも、
メリットとなります。



【NTT デジタルコードレス】
dejiko
gx-dcl-ps-1

 

 

nttdejioya

NTTデジタルコードレス親機 同時3端末接続用

お薦め機種  NTT か NEC製
理由 システムコードレスは、非常に高価で、中古品だと物が揃いにくい。下位メーカーのものだと保守対応が困難です。NTTやNECですと、シェアが高いので、球数が豊富です。
その他の特長 言わずと知れた一番利用されている定番ビジネスフォン
:参考カタログ