IP-PBXのタイプ クラウドかオフィス設置型か。


tugihe

 

最近ではよく聞くクラウドが良いのか?よくわからないと思います。

要はお客様のニーズによります。

ただし、大体のお客様は、ハイブリッドがマッチするとおもいます。

事務所に、小型のIP-PBXをおき、クラウドサーバーと機能連携する様な構成です。

これが、当社の場合は、大手のPBXと違い、
普通のビジネスフォン程度の価格で提供できます。

 

・時代はクラウドで、オフィスに置くタイプ(オンプレミス)は古いのでは?

と思われがちですが、全部をクラウドが良いかと言うと、早計です。

ラピッドテレコムでは、クラウド版も事務所に置くタイプのオンプレミス版も
提供しております。

 

クラウド版が、エリア【area】

オンプレミス版が、MOT/PBX です。

 

クラウドPBXの宣伝では触れられる事は余り有りませんが、

PBX機能が手元(事務所内)になく、クラウドにしかない分、

機能は確実に劣ります。

スマフォ内線の使用感などは、大きな差があります。

 

劣っても、クラウド版でしかできない事が、

御客様にとって得策ならば良いとは思います。

例えば、

使用感が少々落ちても、クラウドがいい
(とにかくクラウドファースト)

設備を置かないから事務所が水没、延焼しても
スマフォ内線は利用できる

 

しかし、クラウド版でできる事は、

ほぼ「オフィスに置くタイプのオンプレミス版」でも実現できます。

 

また、クラウド版でも、今の固定電話番号を継続利用する為には、
オフィスに外線ゲートウェイを結局置くため、
オンプレミス版と変わらない感じになります。
(ラピッドテレコムのエリア【area】は違い置きません)
そうなるなら、わざわざPBXの心臓部分を、クラウドにおいて
不安定な状態にすることが、逆にリスクになったりします。

 

クラウドは、インターネット回線を通じた機能提供だけとなり、
機能数は絞られます。

オンプレミス版は、手元にPBXがある分、各段に機能アップします。
下記の記載のある、マルチボタンなどは、クラウド版だけでは実現できません。

 

ラピッドテレコムで一押ししておりますのが、MOT/PBX です。
オンプレミスでクラウドの機能と連携もする、
ハイブリッド版です。

 

mot_pbxmv2

 

オンプレミス版 本体を置くタイプの良い点①   

固定電話機のマルチラインキー

・従来のビジネスホンは、これがあたりまえです。

日本人気質にあった精細な機能だと思います。

 

マルチラインキーとは、

外線1通話に1ボタンを割り当て、保留にした場合、

そのボタン自体が点滅する方式で、

視覚的にわかりやすく、ぱっと一目で現状に利用状態が

判断できます。

 

当社の扱う「本体をオフィスに置くタイプのMOT/PBX」では、ここが違い、

従来のビジネスホンの様に、マルチキーが利用できます。

st101a

 

普通、IP-PBXでは一転してこれが苦手です。

似たような事ができても、下記の様に実際は違います。

 

クラウド版だとマルチラインキーができない例:

当社クラウドPBXサービス エリア【AREA】もそうですが、

下記の様にマルチラインキーとはならず、

シングルキーと言われるような機能が限界です。

 

固定電話機に外線ボタンがあるもの(サクサSXⅡなど)でも、

通常のレガシービジネスホンのボタン電話式ラインキーの様

にはなりません。

下記の様になってしまいます。

1から6まで、着信と発信が並んでいます。

 

それぞれに個別の番号を割当られます。

番号使い分けはできます。

 

発信は、デフォルトを代表番号にしておき、

特定の番号を通知したい時は、その発信ボタンを押してから、

電話番号をダイヤルします。

 

着信は、それぞれ設定したボタンに入ります。

 

1ヶのボタンで、複数の着信が入ります。

 

他の人が取れば、自分の電話機のランプは消えます。

 

パークに入れて、他に転送して、他がとっても、着信ランプも

パークランプも消えます。

 

これですと、従来のレガシービジネスホンに慣れた方だと、

 

・同時に何通話利用しているか、知れない

 

・パーク保留で転送したあと、社内の相手が、通話が終わったか?などが、判断できない

 

・外線ボタンが光ってないから、内線でかけた相手が話中だった場合、

外線で通話中なのか、何か操作がおかしくしてしまったのか解らない等々、ボタン電話機特有の便利さと比べられます。

 

「外線ボタン毎に発着信の使い分けは出来ますが、

他の内線が外線を利用している状態は、ランプ表示されません」

 

 

 

本体置くタイプの良い点: 電話回線を、選べる

クラウド型PBXですと、回線サービスも、

そのクラウドPBXサービスと一体になり、回線会社を選ばません。

 

安定を重視して、NTT回線ISDN回線にしておきたいとか、

ある程度基本料金も抑えられた方が良いのでNTTひかり電話にするとか、

携帯電話と合わせてKDDIやソフトバンクにしたいとか、

が出来ません。

 

長期的にみても、選べないというのが、ネックとなります。

 

当社の扱っている「オフィスに本体を置くタイプ(オンプレミス)」は、

回線を自由に選ぶことができます。

 

導入当初は、NTTで、あとから変更して他にするとかも出来ます。

 

何かと選択する事が出来た方が良いですね。

 

 

電話帳登録もクラウドは個別が基本、共通電話帳が使えるのも、

「オフィスに本体を置くタイプ」の方が機能が豊富な一例です。

sagyougi↓関連するページ

ラピッドでIP-PBXを導入するメリット    ・未使用IP電話機 無料 ただ 0円 提供
IP-PBXとは?できる事?          ・IP-PBXのタイプ クラウドかオフィス設置型か
スマートフォンの活用             ・タブレットも内線端末にできる
BCP対策にIP-PBX活用                                   ・レガシー連携 (既存ビジネスホンを活かす)
固定電話は決まった物限定から何でも可に     ・CTI CRM 対応  ・自動通話録音(全通話)

★取扱①IP-PBX  MOT/PBX  ★取扱②IP-PBX  MINC
★取扱③クラウドPBX BIZTEL  ★取扱④クラウドPBX エリア【area】

tugihe