★取扱② クラウドPBX エリア【area】


ビジネスフォン、PBX全般に長けた
ラピッドテレコムが提供する、
安定稼働を達成しているCloud PBXです。

2006年から歴史のある仕組みで、
4000社超に導入されています。
月間7万件通話のコールセンターでも
ご利用頂いております。


特徴①:大手電話会社の作ったルールに縛られない為、
自由が大きく、例えば
今の電話番号を変更無しで移転する事ができる等

    NTTに無理と言われても。今移転でも後々移転でも変更無し。

電話番号の収容方法が、
ゲートウェイ機器も事務所に設置しないで、
クラウドへ電話番号を直収が可能

  ↑↓ どちらも対応可能な高性能!

他社クラウドPBXでよくある、ゲートウェイ機器を
設置しNTTひかり電話をクラウドPBXへ収容も可能


特徴②:設備が軽いので安価、LAN配線式なので工事屋さん
無しでも大丈夫


特徴③:固定電話機は最低限にして、スマフォ内線可能


特徴④:パンデミアック対策、ウィルス対策など可能。
会社に出社で
社員に危険が伴うなら、
ご自宅勤務に切り替えような対応が可能です。


特徴⑤:NTTフレッツ光やプロバイダートラブルでも、
インターネットが繋がらなくとも、
一時的に、電話は使えるようにできます。

BCP(事業継続)対策として、NTTさんの修理が完了するまで、
電話が利用できない!困った!を、なくせます。


特徴⑥:国内は固定・携帯ともに、IP電話クラスの安価な通話料金


電気通信事業 総務省関東総合通信局 届出番号 A-25-13542
Cloud Service 機能 brastel / 回線機能 ZIP Telecom
*グループ全体で4000社
エリア【area】とインターネット契約約款   エリア【area】重要事項説説明書



普通にビジネスホンを設備する費用より、主装置が無い分、安価で実現できます。エリア【area】は移転に係らず、普通のビジネスホンとしても利用出来る商品・サービスですので、まずはお気軽にご相談ください。

<ご相談: 電話 0800-170-5555 (通話料無料)> 


※クラウドPBXでなく別のオンプレミスIP-PBXタイプとどちらが良いかお悩みの方はご相談ください。同じ技術を応用して、ラピッド光電話というクラウドを用いた電話サービスも行っておりオンプレミスのビジネスホンなどにも収容できます。そのため利用可能なビジネスホンタイプの幅が広がります。


|クラウドPBX エリア【area】についてもっと詳しく


|関連情報

ラピッドでIP-PBXを導入するメリット 未使用IP電話機 無料 ただ 0円 提供
IP-PBXとは?できる事? IP-PBXのタイプ クラウドかオフィス設置型か
スマートフォンの活用 タブレットも内線端末にできる
BCP対策にIP-PBX活用 レガシー連携 (既存ビジネスホンを活かす)
固定電話は決まった物限定から何でも可に CTI CRM 対応
自動通話録音(全通話)

|取扱いサービス

★取扱① IP-PBX  MOT/PBX
★取扱②クラウドPBX エリア【area】
★取扱③IP-PBX  MINC
★取扱④クラウドPBX BIZTEL
★取扱⑤ コールセンターPBX