kintoneとのCTI連携、 MOT/PBXのポップアップ連携機能


国産で使い易いと評判の、kintone。
ラピッドテレコムでも、メインシステムを、kintoneへ移行中です。

早速、MOT/PBXとkintoneのポップアップ連携を検証しました。

問題なく利用できますので、利用者の方は是非ご活用ください。

MOT/PBXの特徴でもある無料のソフトを利用するもよし、
安定を重視して固定電話機で受電するもよし、
スマフォ内線で受電するもよし。

また、開発等高額な費用はかかりませんので、導入もしやすいです。

裏方的な働きをする、MOTポップアップというソフトを、
PCへインストールして利用します。


本機能は、
 他社サービスのURLもしくはexeに相手番号を渡す事による連動の
 パターンで可能です。

表示するタイミングについても2パターンあり、
1.着信応答表示
2.着信同時表示

1については着信に応答後に顧客情報が表示されます。
2については着信と同時に顧客情報が表示されます。

他社サービスと連動する場合、MOT/Phone ポップアップの設定に連携先のサービスURLやexe等の連携アプリのパスを設定する事によりMOT/PBXを経由して相手側の着信番号を渡す事が出来るため、連動先のサービス側でその番号に応じた顧客情報の取得が可能となります。
※連携先のサービスに相手先の発信者番号を渡す先(URL、exe等のパス)をご用意いただく必要があります。

連携先サービスへは、
http://xxxx.com/tel=03-3378-7886
のようなパラメータを付けて渡すことが出来ます。

【MOT/Phone Windows】から渡せる情報は以下の4つになります。
1.相手電話番号
2.着信時局番号
3.アカウントID
4.パスワード

*POPアップにはJAVAを利用します。IOSやAndroidでのPOPアップ連携は利用いただけません。