MOT/PBXのPCソフトフォンで簡単にクリック発信


EXCELのリストやホームページ上の電話番号から発信

MOT/PBXの素晴らしいところは、この完成度の高いソフトフォンが無料!

また、高機能!それなのに、ソフトフォンはタダ!(くどい)
メーカーさんが太っ腹!

ラピッドテレコムは一次店にしてもらってます。

ラピッドテレコム社内では、ZOHO_CRMや、Kintoneで作った顧客管理のアプリから、クリックで発信できるようにしています。下記のような感じで、だいたいのサービスと連携できます。

MOT/Phoneにはじめから用意されてる、way.exeを呼び出して発信するだけです。

出典: https://www.mot-net.com/blog/techinical_blog/4070

今回は電話発信時の便利な機能をご紹介致します。

EXCELの顧客リストから発信

EXCEL

テレアポリストなど電話番号が入ったリストの画面見ながら、もしくは印刷して電話されていることはありませんか?【MOT/Phone Windows】をご利用すればEXCELからワンクリックで発信が可能です。


=HYPERLINK(CONCATENATE(“callto:”,SUBSTITUTE(C2,”-“,””)))

色々難しそうな関数が入っていますが、上記1文をコピーして電話番号が入っている行の空いているセルに貼り付け。入力されている「C2」のセルを電話番号が入力されているセルに変更して頂ければ、後はクリックするだけで発信できます。

ホームページ表記されている電話番号から発信(クリックトゥーコール)

ie_softphone

Web サイト上の電話番号を選択し、右クリックすることで指定した番号に発信することができます。

・Internet Explorerの場合
ブラウザ上の発信したい番号を左クリック&ドラッグで選択、選択した部分を右クリックし「ソフトフォン」を選択すると【MOT/Phone Windows】から発信します。


・Firefox、Google Chromeの場合
ブラウザ上の電話番号から発信するにはアドオンをインストールする必要がございます。
インストール方法は「Windows版 電話クライアント設定マニュアル」をご覧ください。

外部アプリケーションとの連携方法

最後に、今ご利用されているアプリケーションからの連携方法をご紹介致します。(アプリケーション側に実装が必要となります)
【MOT/Phone Windows】がインストールされているフォルダ内の「way.exe」というファイルをアプリケーション側から実行します。その際のパラメーター(引数)によって以下の操作が可能となります。

・callto:電話番号 ・・・ 指定した電話番号への発信、及び短縮番号の利用
・callto:onfook  ・・・ 通話切断
・callto:reserve  ・・・ 通話の保留・解除(通話中の場合は保留に、保留中は解除)

例:
C:\Program Files (x86)\Mot\MOTPhone\way.exe callto:0353301165

いかがだったでしょうか?仕事に不可欠な電話、【MOT/Phone Windows】を利用すれば便利に使える機能が色々とあります。皆さんも便利に使ってみて下さい。