クラウドPBX エリア【area】のスマフォアプリ Cloud Softphoneの改善 PBX共通電話帳が利用できるようになりました。


機能アップが実現できて、喜ばしいです。当社が代理店のMOT/PBXもいいですけど、オリジナルサービスのクラウドPBXでも、スマフォ内線が結構ツカエル様になってきました。

●今までなく、スマートフォン自体の電話帳しか表示がなかったが、エリア【area】のRapideTelecom WebUiの共通電話帳が表示されるようになりました。
スマフォ自体の電話帳の横かプルダウンで、PBX共通電話帳というボタンが表示されますので、クリックすれば使えます。

登録されている全内線が、勝手に表示されます。
RapideTelecom WebUiで、プロフィールのユーザ名に入力した情報が表示されます。下記の様に、長くても、表示されました。

ちなみに、自分の端末のPBX共通電話帳には、自分は表示されません。

普通に、会社で使う取引先の外線電話番号も登録できます。

登録の制限は無し。インポートも、エクスポートもできます。

サクサ固定電話機や、ラピッドテレコムでオリジナルで提供している無料固定電話機(新古のACT)と、共通して利用できる電話帳ではありません。(下記の短縮ダイヤルを登録すれば、その番号で外線発信に利用はできます)

settei.JPG
参考に、PBXユーザー名が、システムが管理している名前でこれは変更できません
フリガナが、検索でヒットさせる名前

ディスプレイユーザー名が、サクサ電話機の待ち受け時のディスプレイに表示される名前

●電話帳の登録方法

touroku.JPG

上記画面で1件1件登録ができます。1件入れてエクスポートすれば、カンマ区切りのデータになるので、それに習い一気にデータを作ることができ、それをインポートすることで、一括で設定ができます。

200番~799番まで登録できます。
上記の様に、1つの名前に3つの電話番号と登録できますが、PBX共通電話帳には、同じ名前の3つの電話帳となります。仕事用とか個人用とかの表示はされません。

短縮ダイヤル番号を登録すれば、サクサ固定電話機やACT固定電話機やNVR510のアナログポートにつけた端末や、別のスマフォアプリのGround Wire等でも利用できます。

MOT/PBXに直収するラピッド光電話(エリア【area】の応用版)では、3桁番号での発信挙動と兼ね合いがあるので、やめた方がよく、MOT/PBXの電話帳を使って下さい。