MOT/PBX代理店募集


ラピッドテレコムが一次店として、MOT/PBXの代理店を募集しています。
主に、ビジネスフォン関係をお取り扱いされている業者様を対象に、募集しております。

同業者様へのご提案:

電話屋さんを経営するならトレンドは追った方が良い→スマフォの内線化

でもトレンドといっても行ってはいけない方向 → クラウドPBX

 

スマフォの内線化提案は、ラピッドテレコムも
はじめは懐疑的でした。
そんなニーズは少ないのではと。

でも違ったのです。ひょんなことから、スマフォ内線300台位の
納品をさせていただいたことから、気が付きました。

導入事例

ニーズがゴロゴロあるのは、多端末数の顧客だったのです。MOT/Phoneを導入して頂いた株式会社鈴廣蒲鉾本店

 

トータル端末数10台以下へスマフォ内線提案をしていては、苦しいだけでしょう。
経費削減やら携帯電話の代わりやコードレスの替わりの商談になり、
大したメリットも感じていただけないでしょう。

スマートデバイスの活用がテーマになっている顧客層が、
対象顧客となると、大変受けがよくなります。その時に、
ライセンスが無料のMOT/Phoneがもっとも提案しやすくなります。

結果、客層が大きくなり、1案件の売り上げが飛躍的に伸びました。
(ラピッドテレコムは元々中古の格安販売だったので尚更!)

 

おかげ様で、ラピッドテレコムは、今でも自分のことを、
電話屋ということができます。
最近では電話屋と表現できる元電話屋さんが多くなってしまったと思いますが、
ラピッドテレコムは今でも100%電話屋さんです。

 

顧客にもっとも近い、ビジネスホンディーラー様に、スマフォ内線の良さをしっていただき、
それぞれの顧客へ、MOT/PBXで良い提案を行っていただきたいです。
フルIPにALLリプレイスもいいですが、既設PBXを活かした共存提案も、
MOT/PBXなら可能です(より適しています、実は)

 

過去にはMOT/PBXは、スキル不足や未完成な部分、スマートフォン内線を行
う通信環境も十分に整っていなかった事もありましたが今は違います。

最近では、既存ビジネスホンメーカーの営業担当が、
「2010年くらいからスマフォ内線に取り組んできた
オフィス24のスマフォアプリの完成度の高さには敵わない」と言います

 出典:メーカー オフィス24のWEBサイトより https://www.mot-net.com/motpbx

 

今は違うのです。中古のビジネスホンを薦めるなどしてきた、
顧客志向第一のラピッドテレコムが、保証致します。

 


 

 

ラピッドテレコムの代理店になるメリットは、
MOT/PBXの良さだけ活かして、メーカーに縛られることなく、
顧客に良い提案ができることです。

 

・MOT/PBXは、スマフォ内線やPCソフトフォンのライセンスが無料です。
これを活かして、既存ビジネスフォンメーカーと組み合わせると、画期的な価格で提案が行えます。
この点に気が付いているビジネスフォンディラーは少ないです。

 

・MOT/PBXだけ売らないとならない営業マンは地獄と思います。
合わない顧客へ、MOT/PBXしか提案できないのは息が苦しくなります。

 

でも、特性を活かす応用の利いた提案を行える自由度の高さは、
他のビジネスフォンメーカーにはない良い点です。

このような展開を進めるためのサポートは、
このような展開を進めるためのサポートが、ラピッドテレコムでは可能です。

オフィス24は変わったメーカーで、自社直販もしてますし、MOT/TELなどクラウドサービスも展開しています。

単なる競合相手になりますと、最近では手強い相手になってしまいますが、
ラピッドテレコムを噛まして、よいとこだけ、活用してください。