テレワークするなら、まとめて一括のサービスを利用しない方がいいですよ。


当社自身も、今までと違ってものすごい進展で、テレワーク導入が進行しています。

今までもテーマではあったので、これから全部を考える方と比べれば、前提知識などが豊富にあったので、自社にとって誤った選択はしていないと思われます。

呑気に勉強していましたが、新型コロナ対策で、一気に実行のタイミングが訪れたワケです。合わせて、助成金にも挑戦してみたりもしまして、結構 経験値があがりお客様へのアドバイスでも、お役にたてると思います。

表題の件ですが、これからしようとする方が、一気にしようとするあまり、

会社外線電話番号をオフィス外で利用、内線通話、チャット、FAX、WEB会議、リモートアクセス、勤怠管理、通話録音、サテライトオフィスが一つになったテレワーク専用パッケージでーすみたいなのには、気をつけてください。

ラピッドテレコムも纏めることに拘って失敗した経験がありますので、今となっては纏めた場合の失敗が見えてしまいます。

・全部が1つの会社の1つの仕組みで回っていたら、障害が起きた場合、全業務がとまってしまう。例内線も利用できなくなれば、リモートアクセスもできなくなる

全部が1つの会社で提供していたら、それぞれの機能全部が、最強となるわけがない。どれか1つか2つか特別に優れているかも知れませんが、それが限界なはずです。

考えてみてください、かのgoogleでも、かのAppleでも、かのMicrosoftでも、1社で全部なんて無理なんですよ。現在はサービスの寿命も短く、早くサービスを出していかないとその領域のトップにはなれないのだと思います。

古臭い言い回しかも知れませんが、「餅は餅屋に」です。

自社にあった最強の選択をして、複数社のサービスを利用して、それが1つのスマフォ、1つのPCに纏まっていればそれでいいと思います。

自社開発とかカスタマイズとかにお金をかれられない中小企業にはこれが最高の選択かと!