MOT/PBXで実現するレイアウトフリー、電話工事不要


・固定電話機を減らして、スマートフォンの内線にできる

・固定電話機は、LAN配線なので、専門の電話業者に工事依頼しなくても、
お客様で管理できれば、依頼不要(工事代金を0円に)

・お客様で移動できるので、フリーアドレス的な運用や、
レイアウトを簡単に変更したい場合に最適です。

 

 

 

注意点:
普通のビジネスフォンでもそうですが、外線着信があった際、置型の電話機がまず鳴動し、その後にコードレス電話機が鳴動し始めます。若干ずれるわけです。内線スマフォの場合、その傾向が強くなりますので、ずれが大きくなります。直接内線スマフォを鳴動させずに、代理応答の仕組みを活用したりした方が、利用し易い場合もありますのでご相談ください。

お客様毎の環境にもよりますが、室内だからといって、スマフォ内線をWIFIで繋ぐほうが良いとは限りません。あえて携帯電話会社のLTEで接続した方がよい場合があります。
理由: 室内と外出先での内線番号の統一利用
部屋をまたがってのローミング接続
等々