音声応答+通話録音+迷惑電話対策


不要なセールス電話、詐欺的な勧誘、会社には迷惑な電話がかかってきますね。

巧妙なトークに翻弄されてしまう、新米社員の姿はよく見かけるところ。

こちらを防ぐことができるなら、業務の生産性があがりますね。

こちらでご紹介する仕組みは、何もしなくても、迷惑電話撃退リストが生成されていて、

勝手にブロックされるのがミソです。

迷惑電話がかかってきた都度登録するのではないので、すぐ撃退効果を発揮します!

月額の利用料はいただきますが、それ費用以上の効果をすぐに発揮します!

迷惑電話を自動でシャットアウト 本来の生産性を取り戻す

ビジネスフォン用 迷惑電話フィルタ×通話録音システム「トビラフォン Biz 光回線用」

  • 迷惑電話判別率97%登録迷惑番号25,000件通話をクラウド保存 トラブル防止

「トビラフォン Biz 光回線用」が導入した瞬間から迷惑電話を強力にブロックします

メールでのお問い合わせ

 

御社の電話対応を3つの機能でより快適にします

1

迷惑電話フィルタ

約2万5千件以上の迷惑電話リストを保有し、常に最新の情報を更新しています。
国内初の迷惑電話フィルタが、オフィスへの迷惑電話を強力にブロックします。

2

通話録音システム

汎用性の高い形式で通話内容をクラウドサーバーに録音することで、「言った」「言わない」等のトラブル対策。
重要な情報や要件の保存等にも有効です。

3

集中型管理システム

発着信履歴がクラウドサーバーに保存されます。保存された履歴は、ブラウザ上の管理画面で確認することができます。
電話番号や時間帯で検索をして録音データの再生も可能です。

※迷惑電話対策のパイオニアとして国内初の個人向け迷惑電話フィルタサービスを2011年にサービス化させ、高い精度の迷惑電話着信判別システム(特許取得)を実現。

機能01:迷惑電話フィルタ

自動で更新される迷惑電話番号リストが導入の瞬間から迷惑電話を強力にブロック

自社で着信拒否リストを作成する方法だけでは、増え続ける迷惑電話には対応できません。
管理するサーバーには、迷惑電話フィルタを使用するユーザーから迷惑電話番号データを収集し分析生成された迷惑電話番号リストを集積します。
このリストは随時更新されています。

迷惑電話番号リストは「専用装置」に送信され、着信した迷惑電話番号と照合。
自動で着信拒否を行います。また、独自の迷惑電話番号登録も可能です。

迷惑電話自動着信拒否のメリット

  • わずらわしい営業電話やFAXを自動でブロック
  • 従業員の方々の負担軽減
  • 時間の有効活用による生産性向上

迷惑電話フィルタの仕組み

↓家庭用固定電話機と携帯電話キャリア各社で、
既に実績があるものをビジネスホン用にしましたので、
機能的に安心していただけます↓

 

  • トビラフォン
  • 家庭用電話機・ファクシミリ
  • ソフトバンク株式会社 迷惑電話チェッカー
  • トビラシステムズ株式会社 迷惑電話フィルタ トビラフォン  など…

アプリにも採用されています

  • ソフトバンク株式会社
    公式アプリ 迷惑電話ブロック(Android用)
  • ソフトバンク株式会社
    公式アプリ 迷惑電話ブロック(iOS用)
  • スマホ用アプリ トビラフォンモバイル for au(Android用)
  • スマホ用アプリ トビラフォンモバイル(iOS用) など…

各メーカーの迷惑電話拒否機能との比較

比較表

機能02:通話録音システム

通話内容をクラウドサーバーに録音。トラブル対策に。

発信側、着信側双方の通話内容をクラウドサーバーに録音します。
音声ファイルはMP3形式で保存されますので、Windows 、Macの汎用プレーヤーで簡単に再生することができます。
「言った!」「言わない!」等のトラブル対策や重要な情報・用件の保存等に有効です。

録音・保存のイメージ図

ダイヤルイン対応

発信者番号ごとに録音ON/OFFの切り替え設定が可能です。

録音ファイルの検索が可能

機器のWeb管理画面より、ブラウザで録音ファイルの検索が可能。
録音ファイルは発着信の日時、発信、着信毎に別のファイルに保存されます。

ブラウザ上で再生可能

ブラウザ上で再生可能な為、新たな再生ソフトの導入が不要です。
ユーザはPCのブラウザで管理画面上から名称電話番号や時間帯で検索して録音データの再生ができます。

通話記録によるメリット

  1. ボイスメモとして活用
  2. お客様とのトラブル防止対策
  3. 録音データを研修材料として活用

機能03:集中型管理システム

発着信履歴をトビラシステムズのサーバーに保存。発着信履歴・通話内容録音を検索。

発着信履歴をクラウドのサーバーに保存します。WEB管理画面から過去の発着信履歴や通話内容録音を検索して再生することができます。
通話日時での検索や、相手先名称(電話番号)、通話時間を指定して検索することができます。

集中型管理システムのメリット

  1. 通話履歴や録音データの一元管理が可能
  2. WEB管理画面から誰でも簡単に欲しい情報を呼び出し可能

管理システムの仕組み

「トビラフォン Biz 光回線用」が導入した瞬間から迷惑電話を強力にブロックします

導入についてのお問い合わせはこちら

 

メールでのお問い合わせ

 

設備構成図

(構成図)

動作環境

NTT東日本 ひかり電話オフィスA(エース) NTT東日本 ひかり電話オフィスタイプ
NTT西日本 ひかり電話オフィスA(エース) NTT西日本 ひかり電話オフィスタイプ
NTTCommunications Arcstar IP Voice 基本セット
NTTCommunications Arcstar IP Voice アクセスセット
KDDI 光ダイレクト

※24回線(チャネル)までの対応となります。

よくある質問

ブラックリストに入っている番号が解約されたり新たな人に割り当てられた場合、迷惑電話にならないですか?
はい。なりません。
解約された番号を検知し、ブラックリストから除外しますので問題ありません。
一人の人が拒否しただけで、ブラックリストに登録されてしまうのですか?
いいえ。登録されません。
多くの人が拒否した番号を分析し、迷惑電話だと判断されるとブラックリストに登録されます。
迷惑電話の登録方法はどの様に行うのですか?
Webページのユーザ向け画面から登録してください。
トビラフォン Bizの電源が落ちた場合も電話はつながりますか?
はい。つながります。
装置の電源が落ちると、ONUとSIPの装置(PBXないしはVoiceGateway)に直接接続の状態にバイパスするため電話はつながります。
ただし、通話中の電源断については通話が切断されてしまう場合があります。
サービス(機器)の導入に工事は必要ですか?
お客さまの環境によっては必要な場合があります。詳しくはお問い合わせください。
その他迷惑電話拒否サービスと何が違いますか?
その他サービスの場合、ご自身で迷惑電話の判断をし登録をする必要が有ります。
トビラフォンは今までの方法に加え、独自の迷惑電話リストを保有、毎日更新し配信しており、何もしなくとも導入するだけで自動で迷惑電話のブロックが可能です。