PBX保守乗換可能です


有名、定番メーカーのPBX保守って高いと思いませんか?

 

ビジネスフォンというと小規模で気軽な感じです。

PBXと言われる場合は、ちょっと

敷居が高くなる感じです。

敷居だけでなく、お値段もグーンと高額になります。

 

なぜでしょうか? 同じ人間が同じように時間をかけて、

同じ電話設備を作業すると、PBXの方が随分と高い・・・・

理由は、保守サービス提供側の販売価格テーブルが、ただ高いからと予想できます。

 

提供側にも、高くなる理由はあげられます。

・設計・設定が、ビジネスホンなどと比べ難しく高度で、設定できる施工者が限られる

・チームで対応するので、複数の人間の人件費コストが掛かる

・1000台、数千台、万台になってくると、設計・設定も大変だし、
さらに完全な安定稼働とのなると、対応するコストがあがるのは当たりまえ・・


ラピッドテレコムが改善を促したいのは、立派なPBXを数百台程度で利用しているなら↓

ご提案したいのは、数千台も可能なPBXを、

数百台程度の場合でも、数千台のパターンと同様に扱うのではなく、

もっと得策は無いのか?

と考えていただきたいのです。

 

 

①ラピッドテレコムは、PBXレベルでも、中古品をお勧めしてしまいます

もともと安定的に動作するビジネスフォン、そのハイレベルのPBXなら、

中古品でも問題ありません。在庫が少ないメーカーもありますが、

一度、ご相談ください。増設などでご利用ください。

 

 

②保守サポート依頼は、名だたる有名な業者 抜かして

数百台レベルまでだと、2次請けか・孫請けの施工者が来たりします。

毎回同じ人が担当しているとおもいますが、その方がそうです。

その方に、直接安く取引してといっても、取引先を裏切りことになりしてもらえませんが、

別の販社経由の設置先なら、よろこんで受けてくれるでしょう。

そういった工夫を、ラピッドテレコムではします。

 

 

③PBX純正品だけでなく、もっと安価な仕組みと組み合わせて構成する

たとえば、スマートフォンの内線化を、PBX純正品で構成しようとすると、
途轍もない見積もりが出てくると思われます。

これを、当社が販売しているMOT/PBXなどに置き換えれば、ぐっと価格を抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

 



既設PBXの改善事例①:IP-PBXにオールリプレイスしたパターン

スマートフォンの活用の一環で、内線もスマートフォンにしたい。全拠点を内線化したい。

規模:端末数800台 うちスマートフォン内線400台

 

・全部で7拠点点在していたが、各拠点のPBXは、NTT EP72とNEC APEXのPBXが導入されていて、保守を担当する業者もわかれていた。

・各拠点のPBXメーカーは違うが、NTT東日本の簡易IPセントレックス サービスを利用して、
全拠点の内線化をしてあったが、この仕組みが逆に足枷になり、
内線番号を維持したまま、新しい仕組みを導入するのが困難な状態だった。

全拠点をアプライアンス型のIP-PBX MOT/PBXを各拠点に導入しました。

5ケまでした拠点をつなげられないMOT/PBXの標準仕様を、
MOT/Bridghというオプションを利用して、10拠点ほどの拠点間をすべて内線可。

NTT東の簡易IPセントレックスのサービスと専用ゲートウェイ機器のレンタル契約を
解約できたので、月額ランニングコストが劇的に節約できました。

合わせて、従来は各拠点が別々の業者が請け負っており、
回線契約管理は、総務部様がおこなっておりましたが、
業者からのコンサルが機能していなく不要回線が多くあり、
こちらも必要に合わせて整理したところ、
劇的に節約できました。

トータルの節約額は、IP-PBXの導入費用を入れたトータルの月額のコスト比較の金額で、
実質的に無料となり、お釣りがある程でした。
このパターンは中堅企業者のお客様でも、業者のアドバイスが機能していない・
 総務のご担当様で処理しきれていない場合に、非常に多い状態です。
 一度、社内で確認をされることをお勧め致します

 

スマートフォンを自社で、キャリアと契約し、社員に配布。
MOT/PBXのパーク保留が使える使用感のよいMOT/Phoneアプリで
内線を快適にご利用いただくと共に、
スマートフォンの全方位利用に成功しています。
・Gmail、チャットワークス、社内ポータルサイト、業務アプリ自社開発

 

MOT/Phoneの自慢は、スマフォアプリでも、
パーク保留が使えるところ。

この機能がない、一般的な他の内線アプリですと、
(ほとんど他はそうです)
隣の相手に外線を保留転送するだけでも、
回したい相手の内線を呼ばないとなりません。
パーク保留機能が使えると、
パーク何番に電話ですと、
回したい相手に伝えることができます。

 

 

 



 

 

既設PBXの改善事例②:既設PBXは残し、
IP-PBXを既設PBXと接続して機能拡張したパターン

既設富士通PBX  IP Pathfinderは、導入後4年間しかたってないので、
まだリプレイスができない。
しかし、となりのビルにオフィススペースを拡張する際には、
機能的にIP-PBXを導入したい。ipad受付システムも導入したい。
そしてそのIP-PBXと既設PBXを接続して、1セットのPBXの様に、
利用したい。

IP-PBXは、MOT/PBXを設置し、
両拠点をYAMAHAルータ RTX810でVPNで結び、
富士通PBXとの接続に、MOT/BRIという、
外線ゲートウェイ装置を利用。

 

さらに、代表番号の1つの電話番号を、両拠点で同時に鳴動させたい
そして相互に外線保留転送を利用したい

ラピッド光電話の機能で対応した