ひかり電話 月額800円でFAXと電話で使い分け


一番ミニマムなパターン、電話で2通話と

FAXを共用したいなら。

 

お薦め機種

 

サクサ、日立ナカヨ、NTT の小型タイプ

 

ひかり電話個人用は、

アダプタが無料で基本料金も月間500円と安いため、

最大2通話のままで大丈夫なら、

ひかり電話オフィスタイプにするのはモッタイナイです。

 

お客様で考えて設置したパターンでよくあるのが、

ひかり電話のTEL1ポートに、家庭用電話機をつけて、

TEL2ポートに、FAXをつけます。

 

確かに、これで、電話とFAXを1つのひかり電話回線で、共用できます。

でもこれですと、電話が同時に1通話しか話せません。

 

ビジネスホンを使うと、FAXを使ってい無いときは、

電話を同時に2通話利用可能にできます。

 

*基本的に会社利用ですので、FAXと代表番号は、

同じでなく別にするという前提で記載しています。

詳細

 

アナログ回線収容のユニットを利用して、

モデムダイヤルインという機能を利用し実現します。

 

アナログ回線をISDN回線に変換する、

逆ひかり電話アダプター等も必要ありません。

 

ひかり電話の基本料金は、基本500円+追加番号100円+ダブルch200円の計800円税別です。

ナンバーディスプレイを利用したい場合、追加で400円かかるので、

ひかり電話Aというセットプランの1500円にした方が良いという方も多いかもしれません。

 

 

FAXは別番号で着信できます。

 

電話とFAXを合わせて、同時には2通話までで、3通話は利用できません。

FAXはそうそう多くないという方に有効です。

 

お薦め1番は、

アナログナンバーディスプレイユニットの

追加が必要のないビジネスフォンです。

 

この利用方法の唯一のネックな点:

FAXからの発信でも電話用番号が通知されます。

 

一般的な利用方法としましては、

FAXのやり取りで、相手はナンバーディスプレイは求められない為、

問題ないと思われます。

 

FAX機に、自分のFAX番号を相手に通知する設定をしておけば、

相手の受信したFAXに、FAX番号が印字されますので、

こちらの設定をしっかりして、ご利用ください。

 

* NTTや電話工事屋さんで、

この構成の組み方を知らない方もいます。

 

せっかくビジネスホンつかって、電話とFAX 1通話ずつしか

つかえてない状態の方が結構多いですので注意してください。

t02000200_0200020011603303074