スマフォ内線といっても方式の違いがあります


 

①データ通信上で、アプリをダイレクトに、PBXにつなぐ

 

A  汎用アプリを利用するタイプ

B  提供元が専用アプリを開発して提供しているタイプ

C  Bのうち、さらに開発がよくできていて、
マルチボタンが使える等付加価値の高いもの

D  データ通信上で利用するが、社内WIFIのみのもの

E  社内WIFIと外出先では、利用アプリを切り替えて使うもの

 

 

②内線通話は、固定電話回線を携帯電話番号に転送して通話をする。
ナンバーディスプレイ情報は、別にデータ通信でスマフォアプリに送る

 

 

 


 

①-Bは、開発してるのでよさそうですが、開発元が、アップデートを余りしていないものは、
最悪です。本来、しょっちゅうアップデートをしなければ、成り立つわけがありません。
このレベルですと、調子が悪いにきまっており、①-Aの汎用品の方がよっぽどいいはずです。

 

①-Aの汎用品は、多数のメーカーが乱立しているように、
アプリマーケットでは見えるかもしれませんが、
OEM関係が多く、開発元は有名な会社で、元は同じだったりします。

この汎用品は、個人でよく利用されるものとは違います。
個人でよく利用される、通話アプリの

050 plus SMARTalk LaLa Call LINE電話 楽天でんわ G-Call
050plus
SMARTalk
LaLa Call
LINE電話
楽天でんわ
 G-Call

といったものとは別物です。

 

有名・実績豊富な Acrobits社のGroundwire
Groundwireは、iphone版もAndroid版もあります。

有料版ですが、1000円くらいのものです。
会社PBXにつなぐものを、得体の知れない無料版アプリは入れない方が良いです。
国際電話不正発信などが心配です。有料版で買っても、国際電話を利用しない場合、
PBXで利用しない設定にしておけば安心です。
万が一ハッキングされても、国際電話不正発信をしようとしても、
PBX側でSTOPされます。

 

 

↓関連するページ

スマートフォンの活用ですぐできる4つのこと

「スマホ内線化」から始める、手軽に取り組めるワークスタイルの変革

余ったスマフォを内線に活かす

個人持ちのスマフォでBYOD

格安SIMカードの活用

SIMフリースマフォの活用

月500円で携帯電話の替わりになる「どこでも内線スマフォ」

iPod touchでビジネスホン