MOT/PBX構成上の注意



MOT/PBXは
様々な応用が利くIP-PBXです。

 

こういった事ができないかと是非ご相談ください。

きっと一般的なビジネスフォン専門家が
できないといったこともできてしまったりします。

 


 

基本構成:

 

・MOT/PBXは、インターネット接続用ルータとしてもご利用いただくことは可能。
しかしVPN等高機能ルータが必要な場合、ヤマハ製ルータなどを別途取り付けます。

 

・ヤマハ製ルータNVR510は、FAX収容や単独電話機収容にも利用します。

 

・UTMが設置されている構成では、光回線のセッション分けやLAN配線を、

音声通信とデータ通信とで分けるなど対応が必要な場合があります。

問題がなく利用できるUTMもありますので、ご相談ください。

 

 

・MOT/PBXの導入方法に、大きく分けて2つの方法があります。
① 全部をMOT/PBXで構成する
②   MOT/PBXとレガシービジネスフォンをビハインド接続する
(BRIで接続し、回線はMOT/PBXに直収する方法がメインです
パーク保留は使えなくなります)

 

・スマフォ内線化で外部で利用できるようにするためには、固定IP1のプロバイダーが必要です。
リモートメンテナンス用途も兼用できます。インターネット接続用途にも兼用できます。
(当社では、安価な固定IP1のプロバイダーのご用意も御座います)

 

・IPのPBXですので、ログインパスワードは必ず設定してください。
また国際電話が不要であれば、不締結の手続きを必ず行ってください。

 

 

 


電話回線:

 

・NTTひかり電話ホームゲートウェイでも、利用可能です。
ホームゲートウェイは、インターネットルータとしても利用できます。

    

 

 

・ISDN回線を収容する場合は、MOT/PBX+Bでも、MOT/BRIでも、
どちらでも別途 DSUが必要です。

 

 

 

 

 

 


 

固定電話機:

 

・固定電話機は、ナカヨとサクサ製が選べます。
サクサ製はMOT/PBX用ファームになっている必要があるため、
メーカーオフィス24経由での調達が必須です。

 

・固定電話機は、基本的に電話機メーカーの仕様で、共通で500件となります。
登録は、MOT/PBXから配信する方式となります。

 

・レガシービジネスフォンと、ナンバーディスプレイと転送操作で違いがあります。

 

 

 

スマートフォン内線

コードレスみたいに外でつかえる、携帯電話で内線がつかえる、それだけが強調され それだけが目的の場合、お客様に満足いただけないかも知れません。

スマートフォンやタブレットの業務活用がテーマになっており、多数の端末が必要で、
多用途を予定していて、それには内線もいれたい などのご要望に、非常にマッチ致します。

 

・格安SIMは2MBのスピードしかでないなど、実際の利用に支障がある場合が多いです。
基本的に3大キャリアの回線で正規端末でのご利用をお薦め致します。

 

・携帯回線でのMOT/Phone利用では、電波状態の良い状態で基本的に停止した状態でご利用ください。
電波・パケット通信の状態が悪い場合は、
反応が遅れる、動作が遅くなる、通話が途切れる、片通話になる 等の
症状がでる場合があります。

携帯電話と同等の品質を保ちたい場合は、別の製品の方がよいです。ご相談ください。
MOT/PBXにこの方式はありませんが、それでもMOT/PBXの良い点は、
ライセンス無料でスマフォ内線端末を増やしていけるところです。

 

・スマートフォンのOSのアップデート後に、アプリで不具合がでるなどの可能性はあります。
すべてを同型のスマートフォン内線で統一するなど構成は避けてください。

 

・MOT/Phoneは、メーカーが「最高品質」と謳っており、それは本当です。
ただしスマートフォン内線の中で最高であり、携帯電話や構内PHSなどと比べてれば、
パケットに音声をのっける方式のため、品質は落ちます。

具体的には、携帯電話は、移動中でもアンテナをローミングしながら通話できますが、
MOT/Phoneでは、きれてしまいます。

PHSは、専用アンテナを増やせば、会社内の隅々まで電波を安定的に飛ばせますが、
WIFIの場合は同様な状態を作ろうとすると、高額な投資が必要となります。
LTE通信でも電波状態が悪い場合は、上記の症状がでたり、通話が不安定になる場合があります。

 

・WIFIで構成する場合は、ネットワーク増強が だいたい必要となります。
PCでWIFIの電波状態に問題がなく使えていたとしても、スマートフォンはPCより、
電波を受ける能力が劣ります。
LTE回線を使うほうをお薦め致します。

 

・MOT/PBXと同一ローカルネットワーク内のWIFIで構成する場合は、
社内では300番台の内線番号、社外では800番台の内線番号と、二つの内線番号を利用します。

 

・MOT/Phoneを外線着信に利用する場合、固定電話機に比べて、鳴動開始が遅れます。

 

・コンビニなどの無料WIFIでは、音声通信であるVOIPの通信をブロックする場合が多いです。
この場合、内線を呼べた・呼ばれたとしても、通話が無音になってしまったりしてしまいます。

 

 

 

*ラピッドテレコムで事前にテストに応対致しますので、ご相談ください。