隣のビル、他の拠点となってしまうが、両方ともで1つの電話番号を同時に鳴らす


この機能は、当社でしか提供できないパターンで、

そのおかげで、

一部上場会社の東京の拠点の受注をいただけました。

ラピッドテレコムでしか提供できない部分は、
・既存のPBXを利用したままで、2つの拠点を同時に鳴らすことです。
当社で扱っているIP-PBX MOT/PBX でも、
似たようなことができますが、MOT/PBXだけだと
既存のPBXも交換しないとなりません。
ラピッド光電話も併用することで可能になります。

当社でしかできないということで、NTT東日本、富士通、沖のPBXの大手通信機器ディーラーとの競合で、勝てました。

 

こちら↓のページの改善事例②で、ご紹介しています。
PBX保守乗換可能です

 

 

図はKDDI Centrexですが、こんな感じで、両拠点で着信できます。

Leave a comment