注目のMOT/TELでもっとも簡単に導入できる楽天コミュニケーションズのOpenGate


ビジネスフォン業界人からしても、ネットで検索してみたお客様でも、

スマートフォンの内線を考えたら、MOT/TELが注目度NO1でしょう。

 

 

競合他社より、このメーカーさんは、

スマートフォン内線にこだわって改善を続けてきて歴史がありますので、

確かに品質がよいと、ラピッドテレコムも認めます ( ´∀` )偉そう!

 

このMOT/TELは、NTTひかり電話か、楽天コミュニケーションズのOpenGateの2つの回線が選択できます。

 

NTTのひかり電話ですと、必ずNTTフレッツ光が必要で、そのうえで ひかり電話を利用するわけです。

これが必要な場合は まあ問題ありませんが、お客様の中には、

スマフォ内線がつかいたいだけど、固定的な光回線は不要という方ももいます。

 

その場合は、OpenGateをつかえば、アクセス回線は不要で、

スマフォでパケット定額契約だけで使えてしまいます。

光回線契約もしなくても使えますので、ちょ安ですね。

https://comm.rakuten.co.jp/houjin/asterisk_ip/b2buaog/

 

ただし、若干この回線にも注意が必要です。

・東京03と大阪06の番号が用意されていますが、番号帯は専用です。
03-4455等、専用の番号帯になり、後々 番号ポータビリティ他社へは移行できません。

・この番号は、FAXには対応できません。

・この番号は、03と06エリアに事務所がないと契約上・規則上使えません。
現状、こういったルールを破り利用している噂を聞きますが、
数か月以内に、ばっさり契約強制解約となるでしょう。

もう隠れて悪さはできなくなります。

 

・また非常に法人には非常に重要となりますが、この回線には、故障係という存在がありません。

普通の常識で考えてしまうと、NTTの113の様に、調子が悪かったら調べてくれて、

直してくれると思いますが、それがありません。

 

「SIP端末で接続できるオープンな音声プラットフォームサービス、
それがIP電話 B2BUA OpenGate サービスです」ですと、

説明されているくらいですが、OPENな反面、サポートも利用者でとなっています。

 

楽天コミュニケーションズさん0120-987-123に聞くと、

そのあたりは導入を支援する業者が

セットで提供すると説明されますが、

実質的に何も用意されているわけではなく、

万が一の故障時は、転送かけて復旧を待つくらいしかできません。

 

この回線は、Asteriskに対応を表明している唯一の大手回線会社のサービスなので、

Asteriskでコールセンター機能を構築しサービス提供していうような業者が、

導入が簡単なので、顧客に多用している面があります。

 

ラピッドテレコムの様に、お客様の現場で、

障害対応に向き合っている立場からすると、そんなことで良いのかと

ありえないことと思っています。

 

電話が絶対止まってしまっては困るというコールセンターには不適切で、

MOT/TELで小規模利用なら、まだしもと言う感じです。